« バナナリパブリック | Main | 街の色クレヨン »

09/24/2005

Comments

SLOGANしゃちょう

この紫式部の色が好きで、私の先生が自著の装丁をこの植物から採った色で染めてました。
品の良い紫は難しいのですが、うまく染まればこれほど美しい色も珍しい。
実際に、実存した紫式部さんはこの色の単衣を好んでいたそうですね。

shu*

>SLOGANしゃちょう
ご無沙汰してます。紫式部の葉、ああ、そうか、くまつづらだから染料になるんですね。
美しい紫、ぜひ拝見してみたいものです。
紫は高貴な色とされながら、なかなか派手な印象の品の悪い色が多いような気がしますけど。。。

SLOGANしゃちょう

先生の書物、現物をひさびさに引っぱり出してみたら、
かなり落ち着いた紫でした。こんなに濃い色が出るんだ。
今度お会いした時にお見せしまーす。

shu*

>しゃちょうどの
みたーい!ぜひ、見たいです。いつにします?わくわく。

SLOGANしゃちょう

いつでもお会い出来るのを楽しみにしております。
shu*さんのお誘いでしたら私はまず断ることはないと思います。

でも今回くらいは格好つけて私からお誘いすることにしましょう。こういうことを公開する必要はないと思いますので、のちほどメールで。

shu*

>SLOGANしゃちょう
わー。
で、いきなり当日直前に電話かかってくる方に10ペソ。

The comments to this entry are closed.

shuiro




  • shuiro home - Kitchen
Blog powered by Typepad