« ブログ・オン・ビジネスが今、Amazonで7位! | Main | ブログ・オン・ビジネスがiConの隣にあったよ! »

01/13/2006

Comments

(善)

日本では愚妻
欧米ではmy beautiful wife

まあ、謙遜というか照れの文化というか。

私も気になる異性の前では何にも話せません。 ってか相手をひかせるほどボケ倒すことも。

ハイ、これも、照れの文化の一形態。

め

耳に痛い★
ついつい相手のことをけなしてしまったり、相手の至らないところを見つけてはツッコんで笑いをとってしまいがちです。。。
そう、褒めたくなる相手といるってものすごーーく幸せですよね。そして、自分も褒められると嬉しい。
気持ちに添ってひとつになれるかどうか。
心にメモっておきます。

shu*

>(善)さん
難しいですよね。
でも、自然に褒められる相手(当然戦ったりもするわけですが)がいいんじゃないかなと思うのですよ。

>めさん
相性の問題なのかなあと思い始める今日この頃です。

McDMaster(マナル店長)

よくわかります。感動しますた。
昔「同情するなら金をくれ!」というのがありましたが、やはり大切なのは同情=情を同じくする、なんですね。

muwmuw

誉められ慣れていないから、「ブタもおだてりゃ木に登るってか?」などと勘ぐっちゃうクセがついていて。
誉め方もヘタなので、イヤミに聞こえていないかとドキドキしちゃう。

目指すは、愛の届く罵倒か?
精進いたします。
「てやんでぃ!ばっきゃろ〜め!」

shu*

>マナル店長
同情って、辞書で調べてみると深い言葉なんですねえ。なんだか、友達の言葉があまりによかったので書いてみました。

>muwmuwさん
まあ、自然に褒められる相手っていうのがいいのかなーと思ったり。無理をして相手にあわせて悲しんでも続けるのは難しいでしょうし…

The comments to this entry are closed.

shuiro




  • shuiro home - Kitchen
Blog powered by Typepad